FORGOT YOUR DETAILS?

犬のレインコートをデザインで選ぶ

■フルカバータイプ

 

フルカバータイプの犬のレインコート

フルカバータイプの犬用レインコート
雪の中での登山・怪我防止に最適

 

雨にぬれる範囲を極力少なくしたい場合に。

雪の中で遊ぶとき、

怪我防止・毛や皮膚の保護などに。

 

厚手のフルカバータイプはダイバーが使用する人間用のウエットスーツをイメージするとよいでしょう。

生地がしっかりしているものが多く価格は高めです。

 濡れる範囲は少なくなりますが、着せるまでに犬の足を持ち上げたりと、時間と手間がかかり、

特に大型犬の場合は一苦労ですので、普段使いというよりも、特別な時用と考えるとよいでしょう。

特に足を持ち上げて着させるという動作は、犬が嫌がりやすいので、毎日のことだとおっくうになってしまいます。

サイズ調整が出来ないものが多いので、ジャストサイズの物を選ぶためにワンちゃんの採寸はきちんとしましょう。

 薄手のフルカバータイプの場合、ストレッチ素材ではないことが多いので、ワンちゃんが足を曲げた時に十分に

ゆとりがあり歩きやすいデザインになっているか、また前足・後足付け根の生地がすれる音にワンちゃんが

嫌がらないか、違和感を感じていないかなどを試着させて確かめましょう。

 

■半袖タイプ

 

首下からお腹前方もカバーするデザイン

半袖タイプの犬のレインコート
首下からお腹前方もカバーするデザイン

 

一般的なタイプで、ネットや

ペット用品店でも探しやすい。

 

前足を動かした時に、前足を通す袖と、お腹の部分の生地がすれる音がしてしまう

ので、試着をしてワンちゃんが違和感なく歩いてくれるかをたしかめましょう。

首下からお腹前方もカバーしてくれるので、足が短めのダックスフンド、コーギー犬

などに適したデザインといえます。

 

 

 

 

■ポンチョタイプ

犬のレインコート(ポンチョタイプ)

手軽なタイプで、サッと着せてすぐに出かけられるデザイン

 

もっとも手軽なタイプで、サッと着せて

すぐに出かけられるデザイン。

 

マジックテープで留めるだけのものなど、着脱が簡単なものが多く、着せやすく脱がせやすいので、

普段の散歩の際にはこのタイプのものが重宝します。

生地を留める部分は、マジックテープが使用されているものを選ぶと雨の日の散歩の準備も時間がかかりません。

 前足・後足が動かしやすいので、洋服を嫌がりやすい、また洋服が初めてのワンちゃんにも使いやすくなっていす。

しかし、背中だけをカバーするので、お腹は濡れやすいことは頭に入れておきましょう。

お腹が濡れてしまうことが気になる方や、コーギーやダックスフンドの飼い主さんは、

お腹カバーを併用して着用させても良いでしょう。

 

■その他、フード付きのものなど

顔や頭周りは濡れなくなりますが、前が見えなくなる危険性と耳が聞こえづらくなるというデメリットがあります。

ダックスフンドやビーグル犬などのように耳が下がっている犬種は比較的フードを嫌がらない傾向にありますが、

普段はフードはかぶらずに背中側にしておき、ファッション程度に考えておいたほうが良いかもしれません。

 

レインコートを素材で選ぶ 

 

TOP