FORGOT YOUR DETAILS?

犬も寒がっている?

by / 水曜日, 03 2月 2016 / Published in ワンNEWS

今年は暖冬ではあっても…

やはり寒い日も多い!!

人間が寒いと思っている日は、ワンちゃんも寒い??

 

犬は毛で覆われていて、毛も冬と夏では衣替えしています。

しかし、毛の量だけで完璧に寒さに対応しているわけではありません。
また、全種類の犬が温度調節できるわけではなく、仔犬や老犬、毛が短い犬は寒さが苦手です。

では、犬が寒いと感じている時は、どういう行動をしているか…

 

*震え
外に出た時に震えている。
日が当たる道、風が通らない道を通るなど、お散歩コースを考えてみてください。

*眠気
疲れていたり、眠そうにしている。
防護本能で犬も寝ようとします。

*遅い呼吸
呼吸が遅い。
遅いと感じたら、毛布など何かかけてあげてください。

*ゆっくりな行動
寒いと行動がゆっくりになります。

*乾燥肌
鼻や肌が乾燥している。
血行をよくするために、マッサージをしてあげると良いです。

 

寒気=病気?

一概には言えないですが、
寒がっている日が続くと風邪などを引いている可能性もあります。

家族の一員でもあるワンちゃんの様子をよく見てあげて下さい。

寒がっていると感じたら、寝床に毛布を置いたり、洋服を着せてあげるなど暖かくしてあげてください。

毛も短くなってしまうと、役割を果たせないので、トリミングで短くしてしまうのも考えものです。

寒い時期には餌も重要です。
エネルギーを付けるために、
温かく栄養がある食べ物をあげましょう。

雨の日のお散歩は、なるべく濡れない様にレインコートを着せてあげ、
濡れてしまったらタオルでよく拭いてあげてください。

 

ちょっとした気遣いで、ワンちゃんも快適な冬を越せます!!
風邪引いてしまったら可哀想ですものね。

 

***犬用レインコートのatelier Noka***
〜日々の出来事と愛犬のドッグレインコートのこだわり〜

http://犬レインコート.com

TOP