FORGOT YOUR DETAILS?

atelier Noka 犬用レインコート特徴

■レインコートの動きやすさ&着せやすさ

雨の日は、外に出たくない気分になりやすいですよね?
でも、犬にとってお散歩は大事な気分転換のひとつ。
家にこもっていては運動不足にもなってしまいます。
愛犬と雨の日に外出しようと思った時、レインコートを着せるのに、頭をくぐらせ、足を通してボタンをとめて、、、
などという作業があると外に出るのが、もっとおっくうになってしまいます。

 

 

atelier Nokaのレインコートは至って簡単な装着方法です。
背中に乗せて、首元とお腹をマジックテープで留めるだけの作業です。
もちろん、脱ぐのもカンタン。
マジックテープを外すだけです。
足を出すタイプで、足を自由に動かせます。
足までくるむタイプのレインコートでは、犬の動きに制限を与えてしまいます。
雨の日も散歩を楽しむには、動きやすいということも大切です。

 ■レインコートの素材は高性能な撥水機能

レインコートを何回か着ているうちに、水がしみ込むようになってしまった、なんていう経験はございませんか?
犬のレインコートのほとんどは撥水加工をしただけの生地を使用しています。
ワックスを塗った車にかかった水は丸くなって転がり落ちますが、この水を弾く作用を「撥水性」といいます。
防水性は水を通さない性能のことをいいます。

 

「撥水性」は「防水性」とは異なるため、もともと「防水性」を持たない生地で作ったウエアに撥水処理をいくら施しても
撥水加工がとれてしまった場合は雨具として機能はしません。
撥水加工は雨に当ったり洗濯をすると落ちてくるので、何回か使用しているうちに犬が濡れるようになってしまうのです。
愛犬を雨から守るには、落ちにくい撥水加工と、防水性能もある生地を選ぶことが大切です。
atelier Nokaのコートは透湿防水素材Breathatec® (ブリザテック)を採用。
水をはじく撥水加工と水を通さない防水性能、そして内部に滞留した湿気を外部に放散する機能を兼ね備えた高機能素材です。
愛犬との雨の日の外出はいつでも安心です。

 

微多孔質の膜が水滴を通さず、湿気を逃がす。

Breathatec®とは、特殊なポリウレタンの微多孔質膜構造により、防水性・透湿性に対して優れた機能を兼ね備えた特殊加工素材です。
ポリウレタン膜にある1~30マイクロメーターの細かい孔が水を通さず、逆に内部に滞留した湿気を外部に放出する機能を備えた高機能素材です。

【素材】
表地 ナイロン100%
裏地 トリコットナイロン100%
防・撥水・透湿三層素材
耐水圧 11,000mmレベル
透湿度 8,500g/㎡/24hrレベル

■サイズごとに研究されたデザイン

犬の洋服を買う時、サイズ選びが難しくありませんか?
胴周りサイズに合わせると首回りが小さかったり、服の長さが足りなかったり。
atelier Nokaのコートは、犬の大きさに合わせて特長を研究し、首回り、胴周り、背丈、骨格、頭の大きさなどにも配慮して作成しています。
また細身の犬や、体格のいい犬にもフィットするよう、マジックテープで首回り、お腹周りのサイズ調節を可能してあります。

 

■シンプルなデザイン

よく目にする犬用レインコートは通気性を保つため、裏側にメッシュ加工の素材をつけています。
でも生地が二重だと、メッシュの穴から犬の毛が入り込んでしまって取るのが大変です。
atelier Nokaのコートは、体から出た熱や蒸気を外に出す透湿性もあるので1枚でいつもさらさら!愛犬に不快な思いをさせることはありません。
また、無駄な装飾パーツなどはすべて省いておりますので乾くのが早く、万が一でも、犬が間違えて飲み込んでしまうことを防ぐため、
金具類・プラスチック部品は一切使用していません。

犬用レインコート 着やすさが特徴(マジックテープ)

 

■ゴワゴワ感がなく、シャカシャカとした音がしない

耳が良い犬は、歩く時のシャカシャカとした生地がすれる音が気になります。
このコートは生地が柔らかく音がしにくいという特徴に加えて、生地がすれる部分がないようにデザインしていますので、
今までレインコートを嫌がっていた犬達にも着せやすくなっています。

犬用レインコートの裏側
←裏側の写真

透湿防水素材を使用しているため、裏地は付けていません。
縫い糸は、丈夫な♯30を使用。
グレー色の縫い目もポイントになっています。

 

 

TOP