FORGOT YOUR DETAILS?

レインコートを素材で選ぶ

愛犬を包むレインコートの素材を知る

 

■ビニール製のレインコート

ビニール素材は水を通さず、お手入れも楽で、お手頃価格の為、手に入りやすいでしょう。
ただし、湿気が逃げないので蒸れやすく、長時間の使用や肌の弱いワンちゃんは避けたほうが無難です。
どうしてもビニール素材のものが欲しい場合は、通気性の悪い全身や足首までくるんでしまうデザイン

ではなく、背中だけをカバーするポンチョタイプのものを選びましょう。
また、ビニールクロスが手芸用品店などで販売されているので愛犬の為に手づくりをしたい飼い主の方
にとっては、手に入りやすい素材です。
手づくりする場合は、背中だけをカバーするデザインにし、湿気が逃げるようにしてあげることもポイントです。

 

■ナイロンやポリエステルに撥水加工をしたレインコート

水を弾く作用を「撥水性」といい、水を通さない性能のことを「防水性」といいます。
「撥水性」は「防水性」とは異なるため、もともと「防水性」を持たない生地で作ったウエアに撥水処理を

いくら施しても撥水加工がとれてしまった場合は雨具として機能はしませんので、
防水性を併せ持った生地もしくは、落ちにくい撥水加工が施されているものを選ぶとよいでしょう。

最近はテフロン加工したものなどのように、撥水効果がとれにくいものも販売されています。
撥水スプレーでこまめに手入れをするのも良いのですが、匂いに敏感なワンちゃんは着るのを嫌がるように

なってしまう可能性もありますので注意しましょう。

 

■透湿防水素材のレインコート

犬の体と生地の間にある湿気を外に出す透湿性があると、ウェアの内側をドライな状態に保つことができます。
透湿防水素材の生地には目には見えない細かい孔が空いていて、水は通しませんが湿気の細かい粒は外に放出してくれます。
透湿防水性を持つ生地に撥水処理を行なうと、水を生地表面で弾き落とし、生地表面が水の膜で覆われてしまう
ことを防ぐため、透湿性の機能を低下させることなく維持してくれます。
登山用品店などで販売されている人間用レインウェアに使われているゴアテックスが有名です。

 

犬用 レインコートの素材 透湿防水素材

透湿防水素材

 

犬のレインコートを価格で選ぶ 

TOP