FORGOT YOUR DETAILS?

パグ/ずんぐりした鼻周り

by / 火曜日, 22 10月 2013 / Published in 小型犬, 犬種
犬種の紹介 パグ
サイズ 小型犬
グループ トイ・グループ
原産 中国
体高 25~28ccm
体重 雄:6.4~8.2Kg
雌:6.4~8.2Kg
寿命 約14年

 

特徴

中国を故郷とする犬たちは、なぜかぺしゃんこの顔が多い。
パグの額には深いシワが刻まれ、なんとなく困ったような顔をしています。
悩める犬の小さな巻き尾はご愛嬌。
筋肉がよく発達し、幅の広い胸をしています。

パグはかなり古くからいる犬で、チベタン・マスティフと同じ系統を引くものと考えられています。
ヨーロッパには16世紀にオランダ経由で入り、17世紀になってからイングランドで改良されました。
イギリスでは2つのバリエーションが作られました。
フォーンのマリリン・パグとブラック&コーヒーブラウンのウィロビー・パグの2種類です。
これら2種類のパグは1866年に統一され、小型スパニエルとの交配によって今は絶滅した
アメリカンテ・ドッグが作られました。
18世紀になるとフランスに持ちこまれ、マリー・アントワネット、そしてのちにはナポレオン一世の
最初の皇后らにペットとして愛されました。
19世紀、この犬種は絶滅するかと思われるほど人気が衰えたましたが、
アメリカに渡り、ふたたび頭数を増やしました。

 

名前の由来

パグは中国では覇向(パークゥ=いびきをかいて眠る王様)と呼ばれていいました。
ずんぐりした(Puggy)鼻が名前の由来とも言われています。
ドイツ語では『モップス』(「しかめっ面」という意味)
フランスでは『カルラン』(18世紀にイタリアで活躍した俳優カルロ・ベルチナッツイが、
ハ―レクイーンを演じたときに黒い仮面をかぶったことによる)と呼ばれています。

性質

東アジアにいたマスティフの流れをくんでいるが、闘争心はゼロ。
ブーブーと鼻を鳴らして甘え、喜怒哀楽を、額にシワを寄せながら、はっきり表します。
愛きょうたっぷりで賢く穏やかな性格で、気質の良い小さな愛玩犬ですが、
わがままになったり、神経質になったりすることもあります。
子どもの頃は暴れん坊ですが、成犬になると穏やかで落ち着きがでてきます。
めったに吠えることはなく、番犬には適しませんが、見知らぬ人にはなつきません。
非常に早い時期からのしっかりとしたトレーニングが必要です。

ケア

マンションなどでの生活にも順応しやすい犬種です。
運動好きではないので、散歩の時間も短い時間でかまいません。
ひとりぼっちにされたり、飼い主と離れることを嫌います。
他の鼻の短い犬と同様に、呼吸器官系を詰まらせることがあるので、強い暑さは避けましょう。
目はほこりに敏感なので、顔のしわとともに定期的な手入れが必要です。

 

TOP