FORGOT YOUR DETAILS?

パピヨン/ちょうちょの耳を持つ

by / 火曜日, 22 10月 2013 / Published in 小型犬, 犬種
犬種紹介/パピオン
サイズ 小型犬
グループ トイ・グループ
原産 ヨーロッパ
体高 20~28cm
体重 雄:3.6~5Kg
雌:3.2~5Kg
寿命 約14年
※体高・体重・寿命は目安です。

 

特徴

この犬の大きな特長は、チョウが羽を広げたような幅広で大きな耳です。
パピヨンは、ピンと立っているものと、前傾していて垂れ下がっているもの(ファレン)の2種類がいます。
近年、日本では、垂れ耳のパピヨンは注目されず、直立した犬種のほうが圧倒的に人気があります。
光沢のある絹状の毛、 黒っぽい目は大きなアーモンド形で、ブラックの縁どりがあります。
しっぽは高い位置につき、リスの尾のように飾り毛が豊富で背中にアーチを描いています。
元気、活発でチャーミング。遊びが好きで楽しい性格です。
動作は俊敏。好奇心が旺盛で、周りのあらゆる物事に関心を示します。

パピヨンは正しい方法で接しさえすれば愛情豊かな犬ですので素晴らしい家庭犬になりますが、
きちんとしつけをせず犬のご機嫌ばかり取るような飼い方をしてしまいますと、
気に入らないことがあると噛みついたり吠える犬になる場合もあります。
頭の回転が良い犬なので飼い主のボスとしての資質を的確に見ぬく力があるのです。
そのため甘やかして育てると犬のほうが主導権を握ってしまい、言うことをきかなくなったり
反抗したりするかもしれません。

 

名前の由来

大きな立ち耳のパピヨンはフランス語で、「チョウ」の意味です。
小型スパ二エルを先祖に持ちます。
フランスの上流社会でもてはやされ、ルイ15世の愛人マダム・ポンパドールや
ルイ16世の妃マリー・アントワネット、巨匠ルーベンスにも、こよなく可愛がられ、
優雅な宮廷生活を満喫していました。
パピヨンは別名、バタフライ・スパニエルとも呼ばれています。

 

ケア

きゃしゃな身体つきを見ると、神経質な印象を受けるますが、丈夫で陽気。
健康な犬種ですので都会にも田舎にも適しています。
毛のの手入れは軽くブラッシングをする程度ですみます。
運動不足が心配になることはあまりありませんが、室内で自由に遊ばせるばかりでなく、
もちろん散歩も必要です。
多くの小型犬と同様に膝頭をはずしやすく、飼い主を独占したがる傾向があります。

 

□オススメブログ

http://sabu.tetuko.com/

パピヨンの鉄子ちゃんのブログで
毎日変わるたくさんの衣装&コスプレを見ているだけでも楽しいです。
人気ブログなのでお友達もいっぱい!

TOP